見出し
ジュウメイプロフィール
▼ZHUMEI METHOD代表 木村朱美(きむらあけみ)

フランス舞踏ダンスカンパニーアリアードネにて5年間ヨーロッパツアーに参加。
帰国後、現役での活動を中止。持病の喘息と重度の腰痛治療に専念するとともに、自己メンテナンスの為のボディワークショップを開始。

2000年、整体・ヨガ・ピラティス・古武術などの身体操法を学ぶ中、太極拳に出会い3年間日本で学んだ後、北京体育大学太極拳班に3年間留学。ディプロマ取得。

2006年から都内外での太極拳、ボディーワーク指導開始。

2011年、気功・太極拳・ボディワークを合わせた身体機能成長回復の為のオリジナルメソッド「ジュウメイメソッド」を考案。

2014年から中国湖北省武当山にて太極拳のルーツ武当式太極拳、道教を学ぶ。

2014年ジュウメイメソッドを更にブレイクダウンし足だけに特化した足育プログラムを考案。
現在は、足力プログラム、ジュウメイメソッド、太極拳を指導。

※ジュウメイとは「朱美」の中国語読み、北京留学中のニックネームでした。
見出し
太極思想の中に「無為自然」という大切な言葉が有ります。
無為とは、何もしなくていいという意味ではなく、自然そのものという意味だと考えています。
自然は、調和に満ちた世界であり永遠に変化するもの。
それは四季の移り変わりのように、自然の変化を人は停止させる事も逆行させる事も出来ないのです。
ただ私たちはそれに順応するという道理。
私たちが、無為を実践して調和を得た時、社会に置いても調和が実践されると教えているわけです。
その事を体感する為に太極拳が有り、ただ立つ事がある。
ジュウメイプロフィール
私たちがしっかりと大地に根を張るように立てた時、お腹の中にはずっしりとした柱が生まれます。
この柱の通りにただ生きてゆけば良いのです。

そして、其の身体から、綿々と連なるエネルギーが沸き出し身体の「内外」が共存する。
自然というあなたの身体は思う通りに生きてゆく。
これが、私の思う「無為自然」です。
見出し
自分が元気でいるだけで周りの人達は安心し笑顔になります。
心から大切に何かを思う時、意識は高まり、私達から放出されるひとつひとつの動きは、
成長と変化という明るい希望を連れてきてくれます。

私が今の仕事に就けて本当に良かったと感謝しているのは、多くの良い想いの気持ちに包まれた方々と、一緒にレッスンの時間を共有出来る度に、間違いなく良いものしか生まれて来ないという現場に立ち会えるからです。

苦しかった過去を忘れず、今、健康である事に感謝しながら、より多くの方々と明るい希望の時を過ごせたらと願っています。

ジュウメイプロフィール